かけがわ茶エンナーレについて

ABOUT

事業概要

アートが いきづく茶産地へ。

~茶文化創造千日プロジェクト~

かけがわ茶エンナーレは、静岡県掛川市で平成27年度から29年度にかけて3年間(千日)をかけて推進する茶文化創造千日プロジェクトです。南アルプス最南端から遠州灘海岸にひろがる風光明媚な日本有数の茶産地を舞台に、「アート×茶・茶文化」の視点から、様々なアートプロジェクトに取り組んでいきます。
本事業における茶・茶文化とは、「営みの場としての茶畑・茶園・茶工場」「生業としての茶業」「日々食卓で飲むお茶」「生活文化における嗜みのお茶」「造形美としての茶道具や茶器」「アートを活かす空間(館)」など、多岐にわたります。
かけがわ茶エンナーレでは、アートの力を最大限に活用し、掛川市の茶・茶文化とアートとの関係性を紡ぎながら、市の新たな魅力の発掘と発信、市民の誇り醸成、そして地域の活性化につなげていきます。

事業ミッション

■ 市民とアーティストと茶産地との積極的な交流

■ お茶のある風景・お茶のある生活の再発見

■ お茶が持つ細やかなホスピタリティーの再認識

■ アートのチカラで新しいライフスタイルの創造

事業概要

事業概要

事業概要

事業概要

名称
かけがわ茶エンナーレ
開催日
平成29年10月21日(土)~11月19日(日) 30日間
会場
静岡県掛川市
(原田・原泉エリア/東山・日坂エリア/五明エリア/まちなかエリア/横須賀エリア/大東エリア)
主催
かけがわ茶エンナーレ実行委員会
会長
日比野秀男
実行委員長
大木敏行
総合プロデューサー
山口裕美
事務局
掛川市文化振興課 〒436-8650 静岡県掛川市長谷一丁目1番地の1
TEL.0537-21-1126 FAX.0537-21-1165
助成
文化庁・一般財団法人地域創造
特別協賛
資生堂・資生堂アートハウス・資生堂企業資料館

PLACE

会場

掛川市全域がミュージアム

かけがわ茶エンナーレの舞台は、掛川市全域。6つのエリアを中心にお茶のまち掛川がまるごとミュージアムに変わります。

アートセレクション
まちなか/五明
みんなのミュージアム
まちなか/原田・原泉/東山・日坂/五明/大東/横須賀
会場
まちなかエリア
掛川城、大日本報徳社、商店街、掛川市役所、資生堂アートハウスなどがあるJR掛川駅周辺の中心市街地
原田・原泉エリア
原野谷川流域に茶畑が広がる原田エリア。さくら咲く学校など、山里の魅力あふれる原泉エリア。
東山・日坂エリア
世界農業遺産の茶草場農法で知られる東山エリア。旧東海道の宿場町の歴史ある町なみの日坂エリア
五明エリア
彗星発見の丘があることでも知られ、満天の星空の下に広がる茶畑が美しい五明エリア。
大東エリア
北部は、小笠山の自然と髙天神城跡などの歴史・文化財に恵まれ、南部は遠州灘を臨むエリア。
横須賀エリア
遠州横須賀街道に沿って古い町なみが残る、城下町の歴史と文化が感じられるエリア。

MESSAGE

ごあいさつ

将来的に持続できる掛川に伝わった歴史と文化の継承

実行委員会会長 日比野秀男

実行委員会会長 日比野秀男

アートは置かれた場所によって、その表情を様々に変化させます。ある時は光り輝き、また別のときには大きく反発します。そうしたことから地域の歴史や文化を見直すのにとても良い存在です。見慣れた景色も新しいアートという異質なものが加わることによって見つめなおすことが出来ます。

各地で開催されているトリエンナーレやビエンナーレ形式の展示は新しいアートそのものを見るということよりは、置かれた場所を見つめなおすということが一番の目的でしょう。それによって地域が活性化する、交流人口が増えるという当面の目的が各地で達成され、評価されてきています。

「かけがわ茶エンナーレ」もそのような各地で開催されている現代アートの活用と大きく異なるところはありません。しかしながらもっと大きな目的は掛川に伝わった歴史と文化の大切さが将来を担う若い人たちに強く植えつけられることにあると言えるでしょう。一時的な交流人口の増加だけでなく、将来的に持続できる文化の継承を「かけがわ茶エンナーレ」が果たしてくれることを願っています。

あらゆる年代の方が楽しめる、未来志向の地域芸術祭に

実行委員長 大木敏行

実行委員長 大木敏行

「かけがわ茶エンナーレ」は、掛川市内の文化施設や茶畑で、現代アーティストの作品展示などアート活動を展開する地域芸術祭です。10月21日から30日間、お茶のあるまち掛川がミュージアムに変わります。

「かけがわ茶エンナーレ」は、日常生活の中で市民の皆様が価値を忘れかけている掛川の景観や文化にアートを組み入れることで、それらに注目し、魅力を再発見する機会にしたいと思っています。

市外の方へのアピールも大切ですが、それ以上に市民の皆様に地元の良さを感じて欲しいと思います。ただのイベントとして終わらせることなく、茶エンナーレを通して感じたことや気運が市民の皆様の意識の中に息づいてくれれば成功だと思っています。最終的には芸術祭がなくても日常の中にアートが溶け込み、新しい豊かなライフスタイルを創造することが理想です。

かけがわ茶エンナーレでは、掛川の魅力や価値の再認識が可能で、なおかつ、あらゆる年代の皆さまが楽しんでいただける芸術祭にしてまいります。多くの皆様のお越しとご参加をお待ちしています。

かけがわ茶エンナーレ‐喫茶去への想い

アートセレクション 総合プロデューサー 山口裕美

総合プロデューサー 山口裕美

 3年前、掛川市から「かけがわ茶エンナーレの開催が決定し、ついては、掛川との関係が深い山口さんに総合プロデューサーをぜひお願いしたい」とのお話をいただきました。正直なところ、アートによる地域活性化には、必ずしもメリットだけとは言い難い難しさがあり、軽々に返事はできませんでした。けれども、お引き受けしたのは、掛川の現代美術研究会と一緒に実施してきた「現代アートプロジェクト」を通じて、私自身が掛川ファンになっていたからです。
「かけがわ茶エンナーレ」のキーワードとなる「喫茶去」の逸話を紹介します。唐の時代の禅宗の和尚、趙州和尚の逸話から来ています。

趙州和尚:あなたはこの地にいらしたのは初めてですか?

お客様:はい、初めてです。

趙州和尚:では、お茶を召し上がってください。


次の時、また別の方に対して、

趙州和尚:あなたはこの地に来たことはありますか?

お客様:はい、あります。

趙州和尚:では、お茶を召し上がれ。


それを聞いていた弟子が、趙州和尚に質問しました。

弟子:和尚様は、初めて来た人にも再度訪問して来た人にも、同じように対応されました。それはどういう理由からですか?

趙州和尚:そうですね。では、まずお茶を一杯お飲みなさい。

この話から、弟子はハッと気づきました。趙州和尚が、まず人に対して分け隔てなく接し、どの方にも公平なお茶のおもてなしをしたのだということ。さらに、お茶をお出しすることで、リラックスさせる気遣いをしたのだということ。また、一杯のお茶でも、もてなす心があれば、立派なおもてなしになるということ。「喫茶去」にはそういう意味があります。

掛川では江戸時代の東海道の人々の往来に対しておもてなしを、報徳の思想のもと、経済と道徳のバランスを取りながらの暮らしを、提唱、実践してきました。掛川城や大日本報徳社大講堂をはじめとする時間層のある建造物群は、改めて、掛川の皆さんに見ていただきたい宝物です。

この秋、アーティスト達が掛川にやってきます。また、作品を見るために、初めて掛川を訪れる方もいらっしゃいます。その時、美味しい掛川茶でおもてなしをしたいと考えています。一杯のお茶が、お客様をリフレッシュさせ、リラックスさせ、アートの素晴らしさを堪能する大きな助けになると思います。アート作品の傍らに、美味しいお茶がある、というのが「かけがわ茶エンナーレ」の大きなテーマなのです。

「かけがわ茶エンナーレ」の特徴を3つ紹介いたします。1つ目は、海外のアーティストは招待せず、日本人アーティストの実力者を集めました。掛川市や周辺地域の出身者で、首都圏はもちろん世界で頑張っているアーティストに声をかけました。2つ目は、掛川市内のいろいろな場所で、関連イベントが開催されます。掛川市民の皆さんの積極的な参加と体験への挑戦をお願いします。また、3つ目として地元の産業であるお茶と現代アートを繋ぐという初めての方法を試みます。良く知っている掛川市をもう一度、発見していただきます。

魅力溢れる掛川の歴史や建造物と地域が織りなす特色ある風景を、美味しい掛川茶を飲みながら、アーティスト達が掛川のために制作する作品と共にゆったりと観ていただけたらと思います。「かけがわ茶エンナーレ2017」にぜひお越しください。

INTRODUCTION

掛川市の紹介

豊かな自然とはるかな歴史が息づくまち

掛川市は、山・野・海の変化に富んだ自然に恵まれたまちです。粟ヶ岳・小笠山に続く北部の丘陵地を中心として、市の全域に茶畑が点在し、独特の美しい景観を創りだしています。南部は遠州灘を臨み、緑の平野が広がっています。
また、掛川市は、はるかな歴史が息づくまちでもあります。東海道の掛川宿・日坂宿、横須賀の城下町、二宮尊徳の報徳思想を広める大日本報徳社、本格木造復元の掛川城、500年の伝統を持つ掛川祭、横須賀祭など、先人から受け継がけれてきた文化を守り続けています。
豊かな自然とはるかな歴史文化をもつ掛川市。それは、奥行きのある魅力にあふれるまちです。