アートセレクション

ARTIST

アーティスト紹介

ミヤケ マイ Mai Miyake

インスタレーション
展示会場

資生堂アートハウス

MAP
NEXT

PROFILE

日本の伝統的な美術や工芸の繊細さや奥深さに独自のエスプリを加え、過去と現在、未来までをシームレスにつなげながら物事の本質を問う作品を制作。媒体を問わない表現方法を用いて骨董、工芸、現代アート、デザインなど既存のジャンルを問わずに天衣無縫に制作発表。

大分県立美術館(OPAM)、水戸芸術館、ShanghaiDuolun Museum of Modern-Art、POLA美術館、森美術館、世田谷美術館での展示及びワークショップのほか、村越画廊、壺中居、Bunkamuraギャラリーなどで個展多数。銀座メゾンエルメス、慶應大日吉キャンパス来往舎ギャラリーなど、企業や大学でもサイトスペシフィックなインスタレーションを手がける。

2008年パリ国立美術大学大学院に留学。『膜迷路』(羽鳥書店/2012年)など3冊の作品集がある。2017年3月に4冊目の作品集『蝙蝠』を刊行。

http://www.maimiyake.com

ART WORKS

おかえりなさい。/Where All Gods Have One Name

インスタレーション 2015年
大分県立美術館所蔵
photo:繁田諭/Satoshi Shigeta

真実の鏡/The Mirror of Truth

インスタレーション 2016年
資生堂花椿ホール LINK OF LIFE エイジングは未来だ 展
photo:繁田諭/Satoshi Shigeta

INTERVIEW

掛川のまちの印象はいかがですか?
掛川は場所というより人があたたかいですね。皆さん、すごい勢いでお茶を出してくださりますし(笑)。私は2008年から現在まで続いている、茶エンナーレのきっかけとなった、「現代アート茶会」の第一回で作品をつくらせてもらって以来のお付き合いなので、初めて来てからもう10年近く経ちます。今とちがって当初は小規模で、この先どうなるかわからない状態だったのに、当時から本当によくしていただきました。展示が終わればだいたい疎遠になるものですが、掛川の人は今でもメールをくれたりします。なんか、“疑似親戚”みたいな感じですね。
ご自身の展示会場となる、資生堂アートハウスの印象はどうですか?
とても好きなロケーションです。巨大な芝生の丘とか、資料館とかがあるのが豊かですよね。ガラスに新幹線が映り込むよう計算されて建てられていたりして、環境的にすごく恵まれているいい美術館だと思います。個人的に資料館がすごくおもしろいと思っていて、2日くらいいても飽きませんね。あとはぜひ、カフェをつくってほしいです。キレイな場所ですし。
今回の作品の構想を教えてください。
私はその場所からインスピレーションを受けて、その場所を読み込みながら作品をつくるタイプなので、けっこう場所の読み込みというか、下調べに時間がかかります。その土地の声を聴いて、物語を拾い上げるみたいな。インスタレーションをやるので、どのくらいの重さに耐えられるかのチェックや配線回り、電源ボルテージがどこまでとれるかなどの綿密な調査も必要なので、まだ具体的に何ができる場所なのかわかっていないので、ただ、この辺りは「緑」のイメージがあって、のんびりした牧歌的な印象があるので、なんとなく穏やかな展示になりそうです。
それでは質問を変えて、これまでの作品ではどんなことを表現されてきたのでしょうか?
もとは平面の出身なんですけど、エルメスでの展示以来、インスタレーションが多くなってます。見に来た人が自分で考えて、自分で感じてもらうというような体と心で視るタイプの作品群がおおくなってます。構造体が絵の間に挟まっていて、10センチ角しか見れなくて、ちょっとでもズレると画像もズレてしまう作品とか。センシングや、AIをつかって人体がどこがどう動いたかというのを認知・把握して、その人の行動によって変わる作品とか。来た人が自分で考えたり感じたりするのを促す『装置としての美術』と、『サイト・スペシフィック』という二本柱が私の中にあるので、今回もたぶん、そういった作品になっていくのかなと思います。
そういう作品は、見る人にどんなことを投げかけようとして生まれるのでしょうか?
私は人がものごとを認知するとか理解すること、視覚とか記憶というのをあまり信頼していないんです。作家として。人って、見たからホントとか、新聞に書いてあるからホントとか言うじゃないですか。けど、真実って、ホントにそういうところにあるのかな、と。人間が心の中に持っているフィルターによって、実は見ることや知ることもフィルタリングされて、ねつ造されてるんじゃないか、と思っていて。人間の理解できる範疇は非常に小さくて不確かなのに、日頃はそういうことを感じずに生きてるので。そこに興味があります。
では最後に、茶エンナーレの来場者にメッセージをお願いします。
掛川はこの資生堂アートハウスとか報徳社とか、地方ですが文化的に恵まれているところなので、きっとアートもおもしろいと思ってくださる人達が多いのではと思っています。ぜひ気楽に見に来てほしいです。
一覧へ戻る

PLACE

展示場所ご案内