新着情報

NEWS

新着情報

「みんなのミュージアム」プレ作品 6月中旬まで展示

みんなのミュージアムは、市民団体・地元ゆかりのアーティスト・地域ディレクターなどが中心となり、掛川市全域を舞台に展開する地域発のアートプロジェクト。
6月中旬頃まで特別展示として中嶋大道氏の作品が、掛川市東山と掛川花鳥園の2箇所で公開されました。

日本有数の茶産地掛川。新茶の季節の美しい茶畑の中に、風景を一変させる巨大なステンレス彫刻作品を展示しました。
また、東山地区では、世界農業遺産認定の「静岡の茶草場農法」による静岡県の固有種「カケガワフキバッタ」の生息地にちなんで、バッタの作品を展示しています。

場所:掛川市東山(茶文字粟ヶ岳を望むビューポイント)
場所:掛川市東山(茶文字粟ヶ岳を望むビューポイント)

 

場所:掛川花鳥園
場所:掛川花鳥園

中嶋 大道 D a i d o N a k a j i m a
ステンレス彫刻家

ステンレス彫刻のパイオニアが手がけるオンリーワンの巨大昆虫彫刻。

長野県をはじめ、全国に60箇所以上のモニュメントを制作し、設置している。
1944年 長野県穂高町(現安曇野市穂高)に生まれる。
1966年 岐阜県高山市にて木彫の修業をし、生家に戻って独立。仏像・床置物・欄間等を製作。
1979年 アトリエ建設(鉄骨の作業場及び住宅)。
従来は木彫に従事していたが、アトリエ建設時に鉄骨を溶接して組み立てていく様を見て「おもしろい!」と感じ、溶接の技術を学ぶ。アルミ・真鍮・鉄などの素材に挑戦をし、試行錯誤を重ねてステンレスにたどり着き 『ステンレスを溶接して、誰も見たことも作ったこともない作品を作り出す』という独自の世界にのめり込んでいく。
1983年 日展の彫刻部門に、初めて出品したカマキリをモチーフにした「エアロビクス」が入選。その後、2004年(60歳)までに9回入選。
1998年 大きなモニュメントを制作するため、現住所にアトリエと住宅を移転。

PLACE

展示場所ご案内(バッタ)
展示場所ご案内(カブト虫)