かけがわ茶エンナーレについて

CONCEPT

コンセプト

アートが
いきづく茶産地へ。

「茶縁」で、文化芸術と市民と地域を結び、市の魅力を創造・発信する
「まちづくり芸術祭」

事業ミッション

■ 人と地域がいきいきと輝くまち(豊かな市民)

■ 産業振興(茶振興) 、観光振興 、シティプロモーション効果(豊かなまち)

事業概要

事業概要

事業概要

事業概要

THEME

テーマ

超日常飯事

掛川市の各地には茶園が広がり、市民は毎日のようにお茶を飲んでいます。
肩肘張ったよそいきのお茶ではなく、「いつも」の日常の中に、あたりまえにあることは、掛川茶の大きな魅力のひとつです。
一方、まちづくりも市民の日常の中にあり、誰かが特別な答えを持ってきてできあがるものではなく、
人々の暮らしの積み重ねから生まれてくることで持続性を持つものです。
「かけがわ茶エンナーレ2020+1」は、「いつも」の生活に寄り添い、「いつも」を少し超え、
「いつも」の積み重ねに新たな展開を生むことを目指します。

※新型コロナウイルス感染拡大も配慮しつつ、コロナ禍によってもたらされた「新しい生活様式」「新しい価値観」を「+1」=プラス1の視点を踏まえた芸術祭にしていきます。

[アイコン]

掛川の日常風景のひとつである茶畑をモチーフに、その稜線をかたどった形状です。
かけがわ茶エンナーレを市民や参加者にとって、「日常」を「超」える挑戦の 機会としたいという
「超日常茶飯事」に込められた考えを表しています。

名称
かけがわ茶エンナーレ
開催日
2021年10月16日(土)~11月14日(日)  30日間
開催エリア
掛川市内全域
主催
かけがわ茶エンナーレ実行委員会、掛川市
実行委員長
久保田 崇(掛川市長)
副実行委員長
日比野 秀男(二の丸美術館館長)
ディレクター
鈴木 一郎太
エリアディレクター
平野 雅彦
夏池 篤
顧 問
熊倉 功夫(茶の都ミュージアム館長)
柳澤 紀子(現代美術家)
鷲山 恭彦(大日本報徳社社長)
大木 敏行(資生堂企業資料館館長)
事務局
掛川市文化・スポーツ振興課 (〒436-8650 静岡県掛川市長谷一丁目1番地の1)
共催・助成
文化庁、(一財)自治総合センター、アーツカウンシルしずおか、(公財)静岡県市町村振興協会

MESSAGE

ごあいさつ

デジタル技術活用の新しい表現方法でアプローチした芸術祭

「かけがわ茶エンナーレ」は、2017年に「アートが 息づく 茶産地へ」をテーマに初めて開催し、多くの方にご来場いただくと同時に、掛川の文化である『茶』を縁に、地域の魅力発掘や活性化など多くの成果を残しました。
あれから4年経過した今、コロナ禍にあっても市民が文化芸術に親しむことができるよう、デジタルを最大限活用した、これからの時代における新たな芸術として、「かけがわ茶エンナーレ2020+1」を開幕します。
今回のテーマは、「超日常茶飯事」。私たちが普段見慣れた茶畑や歴史的建造物等の景色、またお茶のある暮らし等の掛川の日常が、アーティストや市民の皆さんの作品と融合することで、その魅力に改めて気づく機会になると思います。
今回はどのような状況下でも作品をご覧いただけるよう、デジタル技術を活用した新しい表現方法でアプローチした芸術祭として開催しますので、ぜひお楽しみください。
最後に、かけがわ茶エンナーレの開催にあたり、大変なご尽力をいただきました実行委員会の皆様をはじめ、市民、団体、企業など関係する皆様に、改めて御礼申し上げます。

[顔写真]

実行委員長 久保田 崇(掛川市長)

視野や考え方の幅を広げることで、豊かな日常をつくる

暮らしの中で、ふとルーティーン化した物事に慣れ、イレギュラーなことを敬遠している自分に気付く瞬間があります。それは町を見る目や、仕事の時でも似たようなことがあり、無意識に見慣れた景色だと決めつけ、やり慣れた方法で考えてしまっていたりします。「アートはわかりにくい」とよく耳にしますが、それは、ルーティーン化して日常生活をスムーズに送ることに特化した視点から出る言葉ではないかとも思います。あーでもないこーでもないと推察し、自分なりの解釈をしてみる…、私たちの日々は忙しく、プレッシャーに晒されていて、そのような手間がかかることを避けてしまいがちです。似ていることにも違いにも反応し、ルーティーンもイレギュラーも等しく価値づけする。アーティストが提示するそんなフラットな視点は、私たちの日常生活にはないものだろうと思います。今回、アーティストや市民の方々の表現した物事をきっかけにして、あなたなりの「超日常茶飯事」を探るチャンネルが心の中に生まれたら幸いです。行動を制限せざるを得ない今、その影響が世界観・価値観をも狭めてしまう危険性に抗いアートという「手間がかかる」ものと向き合う体験を通じて視野や考え方の幅を広げることによって、豊かな日常をつくる柔軟でたくましい人がたくさんいることを願っています。

[顔写真]

かけがわ茶エンナーレ2020+1
ディレクター 鈴木 一郎太

CONTENTS

コンテンツ

掛川市をミュージアム化する
「まちづくり芸術祭」
コンテンツ

PROJECT 1

あちこち超日常茶飯事

アーティストと市民が共に創るアートプロジェクト。市内のそれぞれの地域の特色や風景、施設を活用したエリア別の作品展。市の全域をミュージアムに変えます。

PROJECT 2

みんなの茶文化

「茶文化創造」をテーマみんなの思いを形にする、市民公募プログラムと、各種団体による企画提案プログラム。掛川市の誇るべき茶文化を市民の力で国内外に発信します。

茶エンナーレ2020+1の
連携コンテンツ/
情報発信
コンテンツ

PROJECT 3

タイアッププログラム

企業や団体が茶エンナーレと連携して行うプログラムです。
芸術文化プログラム、地域文化プログラム、市民文化プログラム、連携プログラムの4つがあります。

PROJECT 4

実行委員会プログラム

実行委員会(主催者)が実施するプログラムです。プレイベントやオープニングイベントをはじめ、茶エンナーレの情報発信を行います。

SPONSORSHIP

助成・協賛
支援
[アイコン]
アーツカウンシルしずおか

※「アーツカウンシルしずおか」は、まちづくりや観光、国際交流、福祉、教育、産業など、社会の様々な分野と文化芸術を結び付け、 社会課題への対応や地域の活性化を目指す住民主体の創造的な活動を支援します。

助成
[アイコン]
令和3年度文化庁文化芸術創造拠点形成事業
[アイコン]
一般財団法人 自治総合センター
静岡県市町村振興協会
協賛
  • [アイコン]SHISEIDO
  • [アイコン]資生堂企業資料館
  • [アイコン]資生堂アートハウス
  • [アイコン]CATALER
  • [アイコン]明治安田生命
  • [アイコン]掛川茶商協同組合
  • [アイコン]掛川社振興協会
  • [アイコン]株式会社 尾崎工務店
  • [アイコン]日本茶 きみくら
  • [アイコン]佐々木製茶株式会社

大塚製茶株式会社、株式会社川北電気、株式会社桑原園、 静岡国際オペラコンクール実行委員会、中根製茶株式会社、株式会社中村香緑園、株式会社原田園、原田商店、 有限会社堀武商店、株式会社松下組、有限会社丸忠、丸堀製茶株式会社、三重大製茶株式会社、 株式会社美笠園細田工場、株式会社山英、山啓製茶株式会社

協賛

静岡県、掛川市文化協会、静岡新聞社・静岡放送、中日新聞東海本社、静岡朝日テレビ、 静岡第一テレビ、K-mix